\\

意地でも薬の世話にはならん!

つばペンは本当にいい子だったんです
真面目で勉強はあまりしないけど、優しくて本当にいい子だったんです( ノД`)


なのに、人に恵まれず、蔑まれ、哀れみに縛られた人生

氷室京介 DEAR ALGERNON
ま、弱っちかったから、しょうがなかったのかな?
そこから、リベンジに燃え、怪力になりましたけど。


それでも、不器用な性格のようで、何か上手く行かない。


ザラついた心に触るんじゃない!


タグのうっちゃんシリーズで色々書いていますので、新規の方はそのシリーズ読んでくださいませm(__)m


黙っていたら、いいように利用される。なので理不尽には歯向かうようになる。
でも、何故か、ズタボロにされる事多々あった。
今は、要領良くすることを少し学習した・・・かな?


そんなこんなで一時期、非常に大ピンチに陥っていた経緯
のたうち回るが相応しい・・な。


でもね、意地でも薬の世話になるのは、嫌だ!があります。
人為的に罹患したのだからね。
何に罹患してたのかはわからないけど。自然治癒力で自力で意地で封じ込めたので。
いつ、目覚めるかわからないけど。


なに不自由も無く、人にも恵まれて、罹患したのなら診察受けますけど。

原因は特定出来てるのでね


幼少期、のんびりやで大人しい聞き分けのいい子だったようですけどね。
なので、いいように利用されるってことか?
なので、その気質、見た目、雰囲気を今でも纏ってるようです
なので、あくどい人間は利用してる来る場合もある。
その時はどんな手使ってでも叩き潰すモードになります
叩き潰さないけどね。追い払うって事です。
それで追い払う事もできたけど、徒党を組まれてズタボロにされる仕打ちも散々味わった

はい~は~い、諭吉様がバックに付いていなければ、同じ運命辿っていたのかしら~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。