\\

mentalシリーズ

わたくし、つばペンが実践してきたやり方、色々書いてみますかね🐧


え~過去記事で、散々な目に遭った事は書いています。
簡単にだけど。ほんとはもっとえげつないけど。


ま、対人関係ではロクな目に遭わされてるので。
学生時代から、働きだしてからもね。
学生時代、幼少期、小学中学時は、兎に角小柄。
小6で130センチちょいだったかな?
中1で140センチあったかなかったか?
高1で160センチ弱
20歳で165センチ、そこから30までちびちび伸びて170センチ前後になりました。
やるべきことは全てやったのでね。栄養のバランスカルシウム、たんぱく質、ビタミンÐ
をこれでもか!というほど摂取しましたので。


それで学生時代のロクな目とは?
はい、ずばりチビだからです。
だから、デカい連中には並々ならぬ対抗心お持ちです。
小が大を制する!これほどスカッとする事ありません!
って言うても非力でしたからね。チビで非力、そりゃ~舐められるよね。


小学時は何とかごまかしごまかしでそれほどロクな目に遭わされずに済んだけど、中学時は最悪、今思い出すだけで半沢直樹になるな~やられたら倍返しだ!ってしたら、何故かいけないようで?なので、腕っぷしでコテンパンにしてやるのがせめてもの抵抗
たまに同窓会とか行くと、必ずDQN系の腕自慢が張り切りだして腕相撲等の力自慢大会するのよね~
それでつばペン、最初は大人しく、ちょこんって猫被って隅に座っています。
それで、1位が決まったところで、おもむろに出されるように誘導。
それで、瞬殺!これ、いいね!これが一番の仕返しさ!
もう、空気が変わる変わる!見る目が変わるのよね~
はい、これで仕返しはおしまい!


ま、そんなものなのよ、男の気質は。


高校時は例の監督と蜜月の仲の親のボンクラ息子との対立。
あいつだけは許さんぞ!
これは初記事ですが、つばペン2年の夏。3年7人2年から2人と一桁の背番号で
3年8人、2年7人1年7人だったかな?
それでつばペン最後の一桁奪取したのですが、このクソボンクラボンボン気に喰わなかったのでしょう。
夏の甲子園予選の当日、つばペンのグローブ隠されて無いのよね~
だれが隠したのかは証拠ないけど、99%あの野郎の筈なんです。
それは監督にあのボンクラを親から頼まれたのかもう一度呼び戻すように2年集めて意見交換した時に、あいつはいい加減で和を乱すから辞めさせていただきたい。親と監督仲がいいからと依怙贔屓するのはおかしいのではないでしょうか?っていったら監督に吊し上げされる始末、そこから監督から親に情報漏れて、ボンクラの耳に入ったのでしょうね。
結局、そいつは又戻ってきて、ま、公立レベルならそこそこの実力あったようなので、「甲子園常連校にスカウトされてた!」とか、ほざいていたけど・・それならそっち行ってこい。
そんなこんなで2年時はつばペンが一応レギュラー確定した経緯
そいつからしたら、面白くないよね。
明日、予選一回戦時にグローブ隠す???よくもまーそこまでするものだ。
なんか道具入れの奥に見つかりました。予選敗退後に。
誰かが故意で隠さないとあんなとこには無いよな・・真相は闇の中・・・
でも、99%奴が犯人です。
あいつは狂言癖や妄想癖があって、ヤバい奴でしたからね。
あ~やだやだ。あれだけの嘘つきそうそういなかったわ
って、何故かつばペン、その手の人間に粘着されるのよね。なんでだろう????
社会人なってからもよく似た事あったな・・
って、無意識に敵対心出しているようで。
だって、嫌なんだもん。


そんなわけで不器用な性格なのでしょうね~🐧
今回は序章と言う事で。
今後シリーズ化していきまっす🐦


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。