\\
成長因子毛髪再生

瞳そらさないで


瞳そらさないで 【DEEN】 hitomi sorasanaide
ASD,自閉症スペクトラムの特徴。目を合わせて話をできない


今のままでは視野が狭くなるし、何かが終わってしまいそうなのかな?


わたくし、つばペンよっぽど信頼関係ないと、この傾向あります。


自分ルール??かなりある。


「知的レベルが高い発達障害の人は、子供の頃に発達障害と疑われることがあまりありません。集団から浮いた感じはするものの、とくにトラブルを起こすこともなく、成績も良いので、「ちょっとズレている子」と思われる程度です。
しかし社会人になると、世の中の暗黙のルールや常識を理解できず、孤立したり対人関係がうまくいかなかったりして、はじめて問題が生じます。


もちろん精神疾患と発達障害には明確な違いがあります。精神疾患は、発症した時点から急に社会適応度が低下しますが、発達障害は先天的に、つまり子どものころから生きづらさを感じています。」


大人になると、マナーやルールを理解できなかったり、相手との距離感がつかめなかったりします。あるアスペルガー症候群の人は「空気は読むものではなく吸うものだ」と言いました。
☝nice!! そうです!空気は読むのではなく吸うのだよ~~~
まっすぐ帰りなさい!言われると、壁に当たって帰れない!っていうタイプです🐧


「定型発達の人は物事の全体を見るトップダウン型の思考パターンであるのに対し、自閉症スペクトラムの人は、物事の細部に注目するボトムアップ型の思考パターンであると言われています。
全体を見る定型発達の人は、その場全体の空気をつかむことに長けていますが、細部に注目する自閉症スペクトラムの人は細かい要素を調べることに長けていて、各々が別々の長所を持っている、ということになります。」
このようにASDの人は一般に「空気を読めない」とされていますが、それに気づいて努力した結果、代償的に「空気を読もうとしすぎる」人になってしまうこともあります。


発達障害の人の多くは子どものころからなわとびやキャッチボールが苦手です。これには、体の動きを連動させるのが苦手な、発達性協調運動障害が関わっています。


これは該当外。つばペン運動神経はいい方だし。


人混みいていると人酔いします。それと騒音。。あの駅のワイワイガヤガヤの雑音が頭痛の種。長居するとかなり疲れます。


わたくしつばペン、基本のび太型。でも、理不尽な目に遭えばジャイアンにチェンジ。時と場合によるけど。
つばペン、一見人のよさそうな雰囲気らしいので、舐めて掛かってくる対応されると豹変して食って掛かる事あります。最近は冬眠していますが。


世の中の常識というのがイマイチ理解できない???のかな?
いや、きちんとお礼とか言うし、普段からキレてないですよ。


でも、相手みて食って掛かってくる人にはブッチします。。。
最近は抑えていますが。。。


う~ん、でも、定型発達ってね~個性のないのがいいのかよ~~~~


利用者さん個性派揃いで面白いですけどね~


保護者は拘りを気にしているようですが、特に危険じゃなければつばペン放置します。
それで納得できるのならそれでいいのだ~


総じてやりたい事しかやりたくないようです。


つばペン、遊びはなんでもやるので、何でも付き添います。
仕事と勉学はしないけど。
いや、仕事していますよ!


う~ん、つばペン。別に該当しているのではなく、たんなるナマケモノなのかもですねw
どうなんでしょ???
20代社会人時代はソツなく仕事していましたからね。。。
なんだかんだで軍隊野球部で準備や規律を叩きこまれていたのでね・・・


金が貯まってきて、従順にするのが馬鹿馬鹿しくなったのかもですね🐧

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。